Stealth Addresses Coming To Ethereum (ETH), Orbeon Presale (ORBN) Raises Millions, While Bitcoin (BTC) Breaks Out

The post Stealth Addresses Coming To Ethereum (ETH), Orbeon Presale (ORBN) Raises Millions, While Bitcoin (BTC) Breaks Out appeared on BitcoinEthereumNews.com. The crypto-verse is buzzing with news of new developments. Ethereum (ETH) has announced that its developers are working on bringing stealth addresses to the blockchain, while the Orbeon presale (ORBN)…

ビットコイン昨年8月来の24,000ドル台一時到達、ETH上昇率はBTC大きく上回る(暗号資産 週間マーケットレポート 1/29-2/4)

The post ビットコイン昨年8月来の24,000ドル台一時到達、ETH上昇率はBTC大きく上回る(暗号資産 週間マーケットレポート 1/29-2/4) appeared on BitcoinEthereumNews.com. 1/29~2/4週のサマリー ・BTCはドル建てで昨年8月以来となる24,000ドル台に到達。 ・FOMC では市場予想通り 25bp の利上げが実施されたが、パウエル FRB議長のインフレ減速を示唆する発言を受け、利上げ打ち止め期待から暗号資産価格は上昇。 ・米1月雇用統計では、非農業部門雇用者数が51.7万人の増加(市場予想18.5万人)と市場予想を大きく上回り、米金利が上昇。前日のパウエル議長発言から一転、暗号資産市場は下落。 ・米・ビッグテック決算ではApple、Alphabet(Google)、Amazon、Meta各社ともに減益。 暗号資産市場概況 1/29 ~ 2/4週におけるBTC/JPYの週足終値は前週比+2.78%の3,072,550円、ETH/JPYの週足終値は同+8.26%の220,455円となった(※終値は2/5の当社現物EOD[2/5 6:59:59]レートMid値)。 先週前半の相場環境は、米国株式の軟調な展開に引きずられたこともあり、31日午前に一時295万円まで下落するなど弱気な展開となった。2日は各国の政策金利が重なり、英・欧州では大きな動きがなかったものの、FOMCではパウエル議長の「ディスインフレのプロセスが進行中」との発言もあり、リスク性資産は一気に上昇へと転じた。暗号資産もFOMC直後に上昇し、週前半の下落分を取り戻す上昇をみせ、BTC/USDでは昨年8月以来となる24,000ドル台に到達。その後発表されたGAFAの決算は全社ともに不調だったものの、米株指数は堅調に推移し、暗号資産に関しても底堅い展開を見せた。 3日に発表された米雇用統計では、非農業部門雇用者数と失業率が市場予想より強い数字で発表され、米国の雇用情勢が引き続き堅調であることを示した。予想を上回る米国労働市場の逼迫状況を示す結果は、前日までの早期利上げ終了期待に水を差すこととなり、ターミナルレート(利上げ最高地点)も前日までの5.00%を超えないシナリオから、5.00%を超える水準への織り込みが進んだ。その結果、暗号資産は米金利上昇に反応して軟調に推移した。 先週、暗号資産市場では、BTCを大きく上回るETHの上昇率が注目された。このETHの上昇は、上海アップグレードが意識され始めていることが要因と思われる。先週半ばには、ステーキングの引き出し機能を備えたパブリックテストネット「Zhejiang」のローンチがあり、今週もテストネットのアップグレードが予定されている。ETHの動きが暗号資産市場を動かす展開もあるため、上海アップグレードまではETHを注視する必要があるだろう。また余談となるがETHに関しては、昨年末から現在にかけてNFTに使用されるガス代の比率が増加傾向にあるようで、NFT市場が再び盛り上がりを見せ始めていることを確認できる。 ETH トランザクション別のガス代使用量(日足) (glassnode より SBI VC トレード株式会社 市場オペレーション部作成) BTC/USD週間チャート(30分足) (TradingView提供のチャートにてSBI VCトレード株式会社 市場オペレーション部作成) BTC/JPY週間チャート(30分足)…