【取材】Concordiumが「CCD」委任機能「Sirius」導入、ステーキングで報酬を | あたらしい経済

The post 【取材】Concordiumが「CCD」委任機能「Sirius」導入、ステーキングで報酬を | あたらしい経済 appeared on BitcoinEthereumNews.com.

コンコーディウム、委任機能「Sirius」導入
パブリックブロックチェーン・コンコーディウム(Concordium)が、委任(デリゲーション)機能「シリウス(Sirius)」を導入したことが分かった。コンコーディウム財団が6月23日に発表した。
コンコーディウムブロックチェーンにデリゲーション機能が導入されたことで、コンコーディウムのトークン「CCD」のホルダーは、自らノード(ベーカー)を運営しなくても、「CCD」をベーカーにステーキングして、報酬を得ることが可能となるという。
ちなみにホルダーは「CCD」のデスクトップウォレットを通して、ネットワークに参加し、そこから「CCD」を獲得できるとのこと。
また近日中に、モバイルウォレットでも「シリウス」が利用可能になるとのことだ。そして分析ツールの「CCDScan」もアップデートされており、異なるベーカーのパフォーマンス、例えば稼働時間や獲得報酬が確認できるようになり、委任するベーカープールが選びやすくなるとのこと。またコンコーディウムは、低いリスク、低リターンのデリゲーション手段を望む「CCD」ホルダーのために、パッシブ(受動的)委任も導入したとのこと。
今回のアップデートで、既存のベーカー(ノード運営者)は、他の「CCD」ホルダーが委任できる自分専用のプールを作成できるようになる。またその場合、ステーキング報酬が増加する可能性もあるとのことだ。
また開発者にとっては、コンコーディウムのスマートコントラクトサポートがアップグレードされ、サポートされるユースケースが増加するというメリットを享受できるという。開発者は同期したコントラクトを呼び出すことで、他のコントラクトと相互作用するスマートコントラクトを簡単に構築できるようになると発表されている。
なおコンコーディウム財団は、昨年7月にグローバルな開発者を対象とした助成金プログラム「フリー&オープン・グランツ・プログラム(Free & Open Grants Programme)」 を発表した。このプログラムでは開発者へ最大約220万円(20,000ドル)、フォローアップ助成金として約820万円(75,000ドル)が提供されている。
そして昨年コンコーディウム財団は、日本ブロックチェーン協会(JBA)正会員にも加盟している。また今年2月には前述の助成金プログラムに、日本企業PHIの電子投票プロジェクト「Govote」を採択した。
コンコーディウム財団CTOと日本担当者へ取材
「あたらしい経済」編集部はコンコーディウム財団CTOコーレ・シェルストーム(Kåre Kjelstrøm)氏と、コンコーディウム日本担当者である太田真氏へ取材を行なった。
−−デリゲーション機能追加の最大の目的は何でしょうか?

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *