みずほ証券、セキュリティトークンの「ibet for Finコンソーシアム」に参加 | あたらしい経済

The post みずほ証券、セキュリティトークンの「ibet for Finコンソーシアム」に参加 | あたらしい経済 appeared on BitcoinEthereumNews.com.

みずほ証券が「ibet for Finコンソーシアム」に参加
みずほ証券が「ibet for Finコンソーシアム」に参加したことが6月21日分かった。ブロックチェーン技術を用いて発行等が行われる有価証券「セキュリティトークン」を取り扱うための参加とのこと。
みずほ証券は、不動産やインフラに加え、船舶・航空機等の動産を裏付けとしたトークンや社債の取り扱いを公募・私募それぞれで検討するなど、様々な領域で「セキュリティトークン」の発行に向けて取り組むと発表されている。
同社はこの取り組みにより、「発行体の資金調達手段や投資家の資産運用手段の多様化ニーズにお応えすることで、資本市場の発展に貢献していきます」と述べている。
「ibet for Finコンソーシアム」は、ブロックチェーン技術を用いて発行等が行われるセキュリティトークン(証券トークン)を取り扱うためのブロックチェーンネットワーク「ibet for Fin」を運営している。昨年6月にSMBC日興証券、SBI証券、野村證券、BOOSTRY(ブーストリー)の4社が設立した。
なお「ibet for Fin」にはブロックチェーン基盤として、エンタープライズ向けの「クオーラム(Quorum)」が用いられている。
現在「ibet for Finコンソーシアム」には、みずほ証券の他、BOOSTRY(事務局)、SMBC日興証券、SBI証券、野村證券、みずほ信託銀行、野村信託銀行、他金融機関2社(非公開)が参加している。
関連ニュース
野村信託銀行、証券トークンの「ibet for…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *