アバランチの「BTC.b」、LayerZeroでクロスチェーン転送可能に

The post アバランチの「BTC.b」、LayerZeroでクロスチェーン転送可能に appeared on BitcoinEthereumNews.com.

アバランチの「BTC.b」がクロスチェーン転送が可能に レイヤー1ブロックチェーンのアバランチ(Avalanche)にブリッジされたビットコイン「BTC.b」が、レイヤーゼロ(LayerZero)提供のオムニチェーンの技術により、ブロックチェーン間で転送可能になったことが11月18日に発表された。 対象となるブロックチェーンはレイヤーゼロがサポートするネットワークで、アバランチをはじめ、イーサリアム(Ethereum)やポリゴン(Polygon)、アービトラム(Arbitrum)、オプティミズム(Optimism)、BNBチェーン(BNB Chain)の他、ムーンビーム(Moonbeam)、アプトス(Aptos)がサポートされる。また将来レイヤーゼロによってサポートされるブロックチェーンについてもその対象となるとのこと。 「BTC.b:ビットコインアバランチブリッジ(Bitcoin Avalanche Bridged)」は、アバランチで利用されるDeFi(分散型金融)プロトコルの「コア(Core)」を用いてビットコイン(BTC)をアバランチブロックチェーン内にブリッジしたものだ。アバランチによると今までに合計2700BTCがBTC.bにブリッジされ流通しているという。 レイヤーゼロは以前より、複数のブロックチェーンを横断できるクロスチェーン転送を可能とする技術「オムニチェーン(Omnichain)」を提供してきた。今回の発表によると、「BTC.b」は「オムニチェーン」の技術のうち、トークンのクロスチェーン転送を可能にする「オムニチェーンファンジブルトークン:Omnichain Fungible Token(OFT)」を取り入れたとのこと。 これにより「BTC.b」は、前述したレイヤーゼロに対応したすべてのチェーンに対し、簡単に転送できるようになり、流動性の分散から起こりうるトラブルを回避することができるとのことだ。 なおアバランチでは、11月10日に同ブロックチェーンのサブネットとして独自のブロックチェーンを「Rust言語」のみで開発を可能にするアプリケーションのリリースを発表。10月18日には「サブネット」のバリデータが「サブネット」独自のトークンをステーキングし、報酬が得られるようにする伴う大型アップデートを実施している。 .@LayerZero_Labs‘s new interoperability solution, the omnichain fungible token (OFT), enables native, cross-chain token transfers.$BTC.b is now an OFT,…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *