アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も

The post アミューズ、web3ファンド「KultureFUND」設立、記念NFT販売も appeared on BitcoinEthereumNews.com.

アミューズがweb3ファンド「KultureFUND」設立 大手芸能事務所アミューズが新会社「株式会社Kulture」を設立し、web3・メタバース特化ファンド「KultureFUND(カルチャーファンド)」を立ち上げたことが6月24日分かった。 発表によると新会社では、web3・メタバース等を活用した自社サービスや事業、IP開発を推進するとともに、KultureFUNDを通して国内外のスタートアップへの投資及び連携を強化するという。これにより「様々なIPとスタートアップの持つ技術を融合することで、世界に向けて新たなエンターテインメントを創出することに挑戦する」としている。 新会社の主な事業領域として、「ブロックチェーン・NFTを活用したサービス開発」の他、「web3・メタバースを軸にしたIPのマーケティングと開発」、そして前述した「KultureFUND」により、web3・メタバース領域スタートアップへの投資事業を行っていくとのことだ。 なお新会社代表にはアミューズのデジタル部門を牽引する白石耕介氏、取締役には「BABYMETAL」のプロデューサーを務める小林啓(KOBAMETAL)氏が就任するとのこと。 アミューズは昨年より、所属アーティストである「Perfume」および「BABYMETAL」のNFTに関する取り組みを始めていた。「Perfume」がオークションで販売した初のNFTアート作品は、当時の日本円換算で約325万円にて6月18日落札されている。また「BABYMETAL」が販売した初のNFTトレーディングカード1,000セットは、わずか数分で完売している。 Kulture設立記念でNFT販売 またアミューズは新会社である「Kulture」の設立を記念し、「Kulture membership Pre-Launch NFT」を4作品を各4点、計16点を6月24日12:00から販売開始している。販売は大手NFTマーケットプレイスのオープンシー(Opensea)。ネットワークはポリゴン(Polygon)とのこと。価格は各作品0.05ETHとなっているが、記事執筆時点(6/2413:00)で入札はない。 この「Kulture membership Pre-Launch NFT」は、デジタル・アーティストのKaoru Tanaka氏、映像デザイナーの宮本拓馬(gupon)氏により制作されたキービジュアル。購入者は9月1日15:00時点で保有していれば、Kultureが今後立ち上げ予定の限定コミュニティ「Kulture Klub(仮称)」への参加権利となるNFTが別途付与されるとのこと。 「Kulture Klub(仮称)」は、次世代エンタメビジネスを共に考えるコミュニティとのことで、NFT保有者はファーストメンバーとして招待されるとのことだ。 NFTとは 「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。 なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンやマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。 関連ニュース Perfume初のNFT作品、約325万円で落札 Perfume、NFTアート第2弾を16日より販売 BABYMETALのNFTトレカ、数分で即完売 BABYMETAL、NFTスニーカー販売へ。1SECとコラボで 【取材】堤幸彦、本広克行、佐藤祐市が「FiNANCiE」でトークン発行、エンタメDAOプロジェクト始動…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *