イーサリアムが3つのテストネット廃止へ、PoS移行後に

The post イーサリアムが3つのテストネット廃止へ、PoS移行後に appeared on BitcoinEthereumNews.com.

イーサリアムがKiln・Ropsten・Rinkeby廃止へ イーサリアム(Ethereum)のテストネットであるKiln(キルン)・Ropsten(ロップステン)・Rinkeby(リンケビュー)の3つのネットワークが、今後のアップデートである「マージ(The Merge)」後に廃止される予定であることが6月21日分かった。 イーサリアム財団(Ethereum Foundation)のプロトコルサポートチームは、この3つのテストネットを「非推奨」とし、Goerli(ゴエリ)またはSepolia(セポリア)のテスト環境に移行するよう伝えた。 なお「マージ」とは、イーサリアムにおけるコンセンサスアルゴリズムをPoW(Proof of Work)からPoS(Proof of Stake)へ移行するアップグレードのことだ。イーサリアム2.0のチェーン(ビーコンチェーン)にイーサリアム1.0のチェーン(エグゼキューションチェーン)を移行する計画となっており、2022年後半に実施される予定だ。 同チームのブログ投稿によると、今年3月に立ち上げられたキルンは、イーサリアムメインネットが「マージ」を完了しPoS(プルーフオブステーク)に移行した直後にシャットダウンされるとのこと。 またイーサリアムで最も古いテストネットであるロップステンは、今年の第4四半期(10~12月)に廃止となるようだ。 リンケビューについては、このままPosには移行せずに来年第2四半期(4~6月)に閉鎖されるとのこと。 なおキルンは大型アップグレード「マージ」に向け3月にローンチされ、同時に「マージ」を実施した。またロップステンは今月8日に同じく「マージ」を実施し、PoSに移行完了している。 イーサリアムにはメインネットをコピーしたテストネットワークが複数存在している。これによりアプリケーション、ツール、インフラストラクチャ、およびプロトコルの開発者は、メインネットにデプロイする前に無料でバグのチェックなどテストが実施できるようになっている。 しかしテストネットは、メインネットと同じく全ての機能を持っているため、時間経過とともにデータが大きくなり、ノードの実行と保守が困難になる。そのためテストネットは定期的に廃止されるというわけだ。 「マージ」に向けた直近で予定されているアップグレードとしては、15,050,000ブロック目のおおよそ6月29日に「Gray Glacier(グレイグレーシャー)」が実施予定だ。 関連ニュース 【動画解説】初心者でも分かる、イーサリアム基礎知識(techtec代表 田上智裕氏) イーサリアムの歴史・ビットコインとの違い「アルトコイン最前線、イーサリアム徹底解説 #1」 イーサリアムのヴィタリク・ブテリンが語る、Web3、NFT、メタバース(Web3 Conference Tokyo より) イーサリアムの歴史が映画化、「ブレードランナー」や「ハウス・オブ・グッチ」製作会社が イーサリアム、テストネット「Ropsten」でPoS移行に成功 参考:イーサリアム財団デザイン:一本寿和images:iStocks/dalebor…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *