イーサリアム大型アップデート「シャンハイ」での実装機能、開発チームが検討合意

The post イーサリアム大型アップデート「シャンハイ」での実装機能、開発チームが検討合意 appeared on BitcoinEthereumNews.com.

「Shanghai」に実装される機能が検討合意 イーサリアム(Ethereum)財団のJavaScript開発チームが、メインネット大型アップグレード「シャンハイ(Shanghai:上海)」で実装する新たな機能について11月24日、検討合意した。なお「シャンハイ」は9月に実施された「マージ(The Merge)」後初の大型アップグレードとなる。 今回検討合意されたのは、コミュニティによって提案されたイーサリアム改善提案(EIP)のうち8つの提案だ。 中心となる「EIP-4844」は「プロトダンクシャーディング(proto-danksharding)」とも呼ばれており、イーサリアムのノードが一時的にオフチェーンデータにアクセス可能にする技術を実装するものである。これによりネットワークスループットが向上し、トランザクション料金の削減やスケーラビリティが大幅改善し、レイヤー2ネットワークがより低コストでトランザクションを発行可能になることが期待されている。 また「シャンハイ」アップグレードで注目されているのは、ビーコンチェーン(PoSのチェーン)にステーキングされたイーサ(ETH)やステーキング報酬の引き出しのロックを解除する「EIP-4895」である。この機能追加にはハードフォークを伴う大型のアップグレードが必要であることが分かっている。 またその他に検討合意された提案には、イーサリアムバーチャルマシン(EVM)に関するアップグレードとなる「EIP-3540」、「EIP-3670」、「EIP4200」、「EIP4570」、「EIP5450」の他、安全性とビーコンチェーンとの相互作用強化の「EIP2537」がある。 なお「シャンハイ」アップグレードは2023年中に行われることが分かっているが、正確な日程は今のところ決定しておらず、イーサリアム財団によると先日行われたマージの後6か月から1年の間に行われる予定であるという。 また「シャンハイ」アップグレードにあたり各EIPのテストを行う「シャンドン(Shandong:山東省)」テストネットは、10月18日にすでに公開されている。   関連ニュース イーサリアム、ステークされたETHの引き出し機能搭載の開発者向けネットワークリリース イーサリアムがテストネット「Shandong」ローンチ、「Shanghai」アップグレードに向け 【速報】イーサリアム(ETH)メインネット「The Merge」成功、PoSへアップグレード完了 イーサリアム財団、「マージ」に関する8つの誤解について解説 イーサリアムが3つのテストネット廃止へ、PoS移行後に デザイン:一本寿和images:iStocks/jaboo2foto・dalebor Source: https://www.neweconomy.jp/posts/277810

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *