クラーケンにポルカドットパラチェーン「HydraDX(HDX)」上場

The post クラーケンにポルカドットパラチェーン「HydraDX(HDX)」上場 appeared on BitcoinEthereumNews.com.

クラーケンにHDX上場 米サンフランシスコ拠点の大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が、暗号資産ハイドラディーエックス:HydraDX(HDX)の取り扱い開始を1月24日発表した。 HDXの取引は既に開始されており、クラーケン(販売所)およびクラーケンプロ(取引所)でサポートされている。 取引ペアについては米ドル(USD)およびユーロ(EUR)に対応しており、入金は既に開始されている。 なお米国、カナダ、日本の居住者はサービス対象外となる。クラーケンジャパンについては、1月31日付けにて日本における暗号資産交換業の廃止が決定している。 ハイドラディーエックス(HDX)とは ハイドラディーエックスは、異なるブロックチェーンの相互運用(インターオペラビリティ)を目指すPolkadot(ポルカドット)のパラチェーンだ。パラチェーンとはポルカドットとクサマのエコシステムそれぞれにおいて稼働する個々のブロックチェーンのこと。 なおハイドラディーエックスの姉妹チェーンであるバジリスク:Basilisk(BSX)はポルカドットのカナリア(実験用)ネットワークであるKusama(クサマ)のパラチェーンとして稼働している。BSXは昨年8月にクラーケンに上場している。 ハイドラディーエックスはクロスチェーン流動性プロトコルとして、ポルカドットエコシステム内にLBP(Liquidity Bootstrap Pool)やマルチアセットプールを提供している。 またHDXはハイドラディーエックスのネイティブ トークンであり、ガバナンス、ステーキングなどに使用される。 関連ニュース クラーケングローバル、Kusamaパラチェーン「Basilisk(BSX)」上場 ポルカドット(DOT)、チェーン間通信方式「XCM」アップグレード ポルカドット(DOT)創設者ギャビンウッド、ParityのCEO退任しチーフアーキテクトに ポルカドット(DOT)、分散性強化する新ガバナンスシステム発表 web3の未来は? 暗号資産/ブロックチェーン業界を牽引する80人の「2023年の展望」 参考:クラーケンデザイン:一本寿和images:iStocks/Ninja-Studio Source: https://www.neweconomy.jp/posts/290988

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *