スターバックス、web3リワードプログラム導入か

The post スターバックス、web3リワードプログラム導入か appeared on BitcoinEthereumNews.com.

スタバがweb3対応のリワードプログラム導入か 大手コーヒーチェーンのスターバックス(Starbucks)による、ブロックチェーンや暗号資産(仮想通貨)、NFTに関連したweb3対応のリワードプログラムを顧客に提供する方針が、同社8月3日開催の2022年第3四半期決算説明会で明かされた。 スターバックスの暫定CEOであるハワード・シュルツ(Howard Schultz)氏の発言によると、同社は既存の「スターバックス・リワード・エンゲージメントモデル」をベースに、web3に対応した新しいデジタル施策に取り組むとのこと。 このリワードプログラムについて今回は詳細は語られなかったが、発言の中には「デジタルサードプレイスコミュニティ」や「デジタルコレクティブ」といった言葉も見られた。 シュワルツ氏は「新しいリワードプログラムと同社のエコシステムが統合することで、全く新しいデジタルネットワーク効果が生まれる」と述べており、これにより小売店の新規顧客開拓や既存顧客にも付加価値をもたらすことができると話している。 なおこの新施策については、来月9月13日に開催される同社の「投資家向け説明会」にて、その全貌を公開するとしている。 関連ニュース スターバックス、年内にNFTビジネス参入 米国のスターバックスで販売されているコーヒー豆のサプライチェーン情報がブロックチェーンによって追跡可能に アメックスとアブラ、暗号資産リワード付きクレカ発表 ブロックファイ、BTCリワード機能付きVisaカード提供開始 スクエニが「ファイナルファンタジー」NFT同梱の物理トレカやフィギュア発表、ENJINのEfinity採用 参考:決算説明会議事録デザイン:一本寿和images:iStocks/martinrlee Source: https://www.neweconomy.jp/posts/250469

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *