ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応

The post ソラナ(SOL)のNFTマーケ「Magic Eden」、イーサリアムに対応 appeared on BitcoinEthereumNews.com.

Magic Edenがイーサリアムに対応開始 NFTマーケットプレイス「マジックエデン(Magic Eden)」が、イーサリアム(Ethereum)に対応開始したことを9月21日発表した。 これまで「マジックエデン」はソラナブロックチェーンでミント(鋳造/発行)されたNFTのみを取り扱っていた。 今回のマルチチェーン対応により「マジックエデン」では、イーサリアムでミントされたNFTコレクションの取り扱いが開始されているようだ。またソラナおよびイーサのNFT購入の決済手段としてSOL・ETH・クレジットカード(法定通貨)が選べるようになったという。 またブロックチェーンメディア「ディクリプト(Decrypt)」によると、今後イーサリアム対応のNFTコレクションとしてBored Ape Yacht Club(BAYC)やPudgy Penguins、Othersideなど、ブルーチップNFTが取り扱われる予定とのことだ。なおNFTのローンチパッドにもイーサリアム対応される予定で、直近では9月22日22:00より「Gaia Archives」というイーサリアムNFTのコレクションが取り扱われる予定だ。 「マジックエデン」が公開した告知動画によると、イーサリアム対応は「マジックイーセン(Magic Ethen)」の名称で展開されるとのこと。動画では「マジックエデン」と「マジックイーセン」をワンクリックで切り替えられるようだが、現状でその機能は反映されていない。 「マジックエデン」は先月8月、イーサリアム(Ethereum)にマルチチェーン対応することを発表していた。 また「マジックエデン」は今年6月にシリーズBラウンドで約177億円(1.3億ドル)の資金調達を完了。企業評価額は約2180億円(16億ドル)に達している。 Presenting Magic Ethen: the fastest, most feature-packed ETH aggregator. Your first destination to buy…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *