ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験

The post ダイキン、日本IBMと冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築に向け実証実験 appeared on BitcoinEthereumNews.com.

ダイキンと日本IBMが冷媒循環管理のブロックチェーンPF構築へ 空調機・化学製品メーカーであるダイキン工業が日本IBMと共に、ブロックチェーンを活用した「冷媒循環プラットフォーム」のプロトタイプの実証実験を開始したしたことが6月23日分かった。 冷媒とは、冷蔵庫やエアコンなど機器の中で、熱を温度の低い所から高い所へ移動させるために使用される流体の総称だ。水素とフッ素と炭素の化合物であるHFC(ハイドロフルオロカーボン類)が主で、大気に排出されると地球温暖化に影響するという。 日本IBMのブロックチェーン技術を活用した「冷媒循環プラットフォーム」を利用することにより、再生冷媒のリサイクル証明、リサイクルチェーンの可視化により来歴の透明性を担保するとのこと。 またダイキン工業のフロン抑制法の点検管理ソフト、および現在開発中の冷媒充填・回収業者向けソフトとのシステム連携により、フロン排出抑制法にも対応し、冷媒漏洩防止、冷媒回収率の向上を目指すとのことだ。 なお今回の行うプロトタイプの実証実験では、既に設置されているダイキン工業の空調機器の入替やメンテナンスにおいて回収される冷媒の再生の取り組みから開始するとのこと。これら再生冷媒を試験的に流通させ、「冷媒循環プラットフォーム」で冷媒の製造・使用から回収・再生におよぶ循環サイクル全体の情報を収集・管理するという。 これにより使用されている冷媒量や来歴、品質の透明性を担保することで、ユーザーの安心感を醸成し、再生冷媒の市場流通の促進を目指し、さらに冷媒漏えい防止・排出抑制における社会課題であったライフサイクルでの数量管理の仕組みを構築するとのことだ。 なお日本IBMは昨年8月に、三井化学と野村総合研究所(NRI)と共にブロックチェーン技術を活用した資源循環プラットフォーム構築のためにコンソーシアムを設立している。 このコンソーシアム設立の目的は具体的に「1.トレーサビリティを基盤とした、プラスチックリサイクル材の利用促進、2.資源循環に関するステークホルダー間の連携支援、3.資源循環に貢献した人や企業へのインセンティブ制度構築」の3つがあげられている。 またその他にも日本IBMは、旭化成が昨年5月に発足したブロックチェーン技術活用の資源循環社会の実現に向けたデジタルプラットフォームの構築を目指した「BLUE Plastics(ブルー・プラスチックス:Blockchain Loop to Unlock the value of the circular Economy)」プロジェクトに技術支援の為参画している。 関連ニュース サーキュライズとネステ、循環型ポリマーのサプライチェーン追跡へ 廃棄物分野にブロックチェーン活用、資源循環の見える化へ ブロックチェーン活用の資源循環プラットフォーム構築へ、日本IBMと三井化学とNRIがコンソーシアム設立 旭化成、日本IBMらとブロックチェーン活用のプラスチック資源循環プロジェクト「BLUE Plastics」発足 日本IBMと三井化学、ブロックチェーン活用のプラスチック資源循環プラットフォーム構築へ 参考:ダイキンデザイン:一本寿和images:iStocks/peterschreiber.media・artacet Source: https://www.neweconomy.jp/posts/237940

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *