チェイナリシスが約220億円調達、評価額約1.1兆円に

The post チェイナリシスが約220億円調達、評価額約1.1兆円に appeared on BitcoinEthereumNews.com.

チェイナリシスが約220億円調達で評価額約1.1兆円に 米ブロックチェーン分析企業のチェイナリシス(Chainalysis)が、民間企業向けビジネスの倍増に向け、シリーズFラウンドで1.7億ドル(約220億円)の資金調達を完了し、企業評価額が86億ドル(約1.1兆円)に達したことが5月12日分かった。 チェイナリシスは昨年6月、シリーズEラウンドで1億ドル(約120億円:当時価格)の資金調達を行ない、企業評価額は42億ドル(約4,400億円:当時価格)となっていた。 今回の資金調達はシンガポールの政府系ファンド(ソブリンウェルスファンド)GICが主導した。またEラウンドに参加したアクセル(Accel)、ブラックストーン(Blackstone)、ドラゴニア(Dragoneer)、ファンダースクラブ(FundersClub)の追加出資に加え、新たにバンクオブニューヨークメロン(Bank of New York Mellon)とエマージェンシーキャピタル(Emergence Capital)も出資参加したとのことだ。 調達した資金は、製品イノベーションへの投資を継続し、顧客の需要に応える為グローバル事業の規模拡大に利用する予定とのこと。 またチェイナリシスは、リスク管理およびビジネスインテリジェンスツールの強化をする為、「DeFi分析ツール」や「クロスチェーン調査」、「トランザクション監視機能」などのデータプラットフォーム構築に継続的に投資しているという。 チェイナリシスの共同創設者兼CEOマイケル・グロンジャー(Michael Gronager)氏は、今回の調達について「GICは、チェイナリシスのデータプラットフォームと顧客ネットワークの力、当社のリーダーチームの強さ、そして目の前の市場機会を理解しています。特にAPAC地域でのビジネスを拡大するに辺り、GICとの関係を深めることができ嬉しく思っています」と発表にてコメントしている。 チェイナリシスは、ブロックチェーン上の暗号資産取引を追跡してクラスタ化し、考えられるリスクや脅威となる行為者を特定するソフトウェアを提供している企業だ。 チェイナリシスはこれまで、暗号資産(仮想通貨)業界向けの制裁データ審査ツール無料提供や、サイバー犯罪の調査・分析ツール提供のエクシジェント(Excygent)及び政府機関のコンサルティング企業アバックス(Abaxx)の買収、そしてデジタル資産管理会社NYDIGとの長期パートナーシップ契約を締結している。またビットコインのライトニングネットワーク(Lightning Network)のサポートも発表している。 関連ニュース チェイナリシスが約120億円調達、企業評価額は約4,400億円に チェイナリシス、暗号資産関連の制裁データ審査ツールを無料提供 米チェイナリシス、政府機関コンサルのアバックス買収 チェイナリシス、ビットコインのライトニングサポートへ 米チェイナリシスがNYDIGと提携、ビットコイン購入計画も 参考:チェイナリシスデザイン:一本寿和images:iStocks/liulolo・BadBrother Source: https://www.neweconomy.jp/posts/223508

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *