バイナンス、ペッグ不安定による混雑受け、テラ(LUNA)とテラUSD(UST)出金を一時停止

The post バイナンス、ペッグ不安定による混雑受け、テラ(LUNA)とテラUSD(UST)出金を一時停止 appeared on BitcoinEthereumNews.com.

バイナンスがLUNAとUST引き出しを一時停止 大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)が、テラ:Terra(LUNA:ルナ)およびテラユーエスディー:TerraUSD(UST)の出金を一時停止したことが分かった。 発表によると、当該暗号資産の保留中の引き出しトランザクションが多くなったため、5月10日AM2:20(UTC:世界協定時)より一時的に停止する対応を行ったという。 バイナンスは、出金一時停止の理由をテラネットワークの速度低下と混雑としている。 なお再開については、「ネットワークが安定し、保留中の引き出しの量が減少したと判断した時点」と説明しており、改めてアナウンスはしない予定とのことだ。 TerraUSD(UST)は5月9日、1ドル=1USTの価格を16時間以上維持できなくなった。USTのペッグが不安定になれば、USTを活用したDeFiなどそのエコシステム全体に大きな影響が懸念されている。 今回のバイナンスの対応は、USTのペッグが不安定になったことを発端に、多くのユーザーが引き出しを行ったことが要因と思われる。 USTは、テラフォームラボ(Terraform Labs)が開発するアルゴリズム担保型ステーブルコインだ。USTはテラフォームラボが発行するトークン「LUNA」の取引によって、1ドル=1USTの価格が安定できるように設計されている。 USTとLUNAの需要と供給のバランスを調整することで、1ドル=1USTの価格を保つ仕組みだ。またUSTはビットコインをステーブルコインの準備金として利用している。 USTとLUNAはステーブルコイン発行のためのブロックチェーン「Terra」を基盤に運用されている。なお「Terra」はコンセンサスの仕組みとして「Tendermint」のデリゲート・プルーフ・オブ・ステーク (DPoS)を採用している。DPoSは、通貨の保有者に対して保有量に応じた投票権を割り当て、投票によって取引の承認を委任するコンセンサスアルゴリズムだ。 なおUSTのペッグが不安定になった理由については明らかになっていない。テラフォームラボの創業者兼CEOのDo Know氏はツイッターで「これから7日間でUSTのペッグの課題に対応します」と9日ツイートしている。 なお記事時点では、現状も1USが1ドルを大きく下回っており、ペッグの安定が見られない状況が続いている。 関連ニュース アルゴリズム担保型米ドルステーブルコイン「TerraUSD(UST)」、ペッグ不安定に バイナンス・a16z・フィデリティら、イーロンマスクのツイッター買収をサポート バイナンス、ウクライナ難民ユーザー向けのクリプトカード発行 バイナンス、SpellToken(SPELL)とTerraUSD(UST)上場へ クラーケングローバル、テラユーエスディー(UST)上場 参考:バイナンスデザイン:一本寿和images:iStocks Source: https://www.neweconomy.jp/posts/223223

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *