ビットポイントジャパン代表の小田玄紀氏、JVCEAの副会長に

The post ビットポイントジャパン代表の小田玄紀氏、JVCEAの副会長に appeared on BitcoinEthereumNews.com.

JVCEAの副会長が選任 一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)が、同団体の副会長に株式会社ビットポイントジャパンの代表取締役社長である小田玄紀氏を選任したことを9月13日発表した。 ビットポイントジャパンは国内暗号資産取引所「BITPoint」を運営する企業。小田玄紀氏はビットポイントジャパンの親会社である株式会社リミックスポイント代表取締役社長CEOも務めている人物だ。小田氏は副会長に9月10日付けで就任している。 JVCEAは金融庁により「認定金融商品取引業協会」として昨年認定された、暗号資産交換業及び暗号資産関連デリバティブ取引業の自主規制団体。暗号資産(仮想通貨)交換業を行う事業者及び、これから行う予定の事業者が参加する。 なおJVCEAの副会長は2名体制となっており、他にもPayward Asia(ペイワード・アジア)株式会社の代表取締役社長である千野剛司氏が今年6月より副会長を務めている。なおPayward Asiaは外資系暗号資産取引所であるKraken Japan(クラーケン・ジャパン)を運営する企業だ。 またJVCEA現会長は、コインチェック株式会社の代表取締役である蓮尾聡氏が務めている。 関連ニュース JVCEA会長にコインチェック代表取締役の蓮尾聡氏が就任 メルカリ子会社「メルコイン」がJVCEA第二種会員に、暗号資産取引所事業に向け前進 「暗号資産を20%申告分離課税に」JCBAとJVCEAが2022年度税制改正要望書公表 STO協会とJVCEAが金融庁の認定団体へ 参考:JVCEAデザイン:一本寿和images:iStocks/4×6 Source: https://www.neweconomy.jp/posts/150198

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *