分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ

The post 分散型取引所dYdX、コスモス(ATOM)エコシステムで稼働へ appeared on BitcoinEthereumNews.com.

dYdXがコスモスエコシステムで稼働へ 分散型取引所(DEX)のdYdX(ディーワイディーエックス)のプロトコルバージョン4が、コスモス(ATOM)エコシステム上に構築されることが6月22日分かった。 発表によるとdYdXは、コスモスの独自ブロックチェーン開発キット「CosmosSDK」を利用して、コスモスのPoS(プルーフオブステーク)のコンセンサスアルゴリズム「Tendermint(テンダーミント)」に基づく独自ブロックチェーンを開発するとのこと。このブロックチェーンをV4のプロトコルに利用するとしている。 「CosmosSDK」によるブロックチェーンを開発する理由としては、ブロックチェーン自体の動作やバリデーターが実行するジョブをフルカスタマイズできるからだという。これによりdYdX V4では、完全な分散化と取引速度が現行の100倍になるとのことだ。 なお現在稼働中のdYdX V3は、イーサリアムのレイヤー2ソリューションである「Stark-net(スタークネット)」上に構築されている。同ネットワークはイスラエルのスタークウェア(StarkWare)が開発するゼロ知識証明を活用したスケーリングソリューションだ。 またコスモスは、ブロックチェーンにおけるインターオペラビリティ(相互運用性)を目指したプロジェクトだ。各ブロックチェーンとハブとなる「Cosmos Hub」間の通信プロトコルとしてIBC(Inter-Blockchain Communication)があり、今回dYdXが利用する「CosmosSDK」はIBCに対応するブロックチェーンを開発するキットとなる。 関連ニュース DeFi「dYdX」がガバナンストークン配布、ステーキング開始もエラー判明 DeFiプラットフォームdYdX、ガバナンストークン発行 分散型デリバティブプラットフォームdYdX、約70億円の資金調達 【動画解説】コスモスの分散型取引所(DEX)「Osmosis」とは?(CauchyE代表 木村優氏) 【10分解説】コスモス(Cosmos)の全体像について(CauchyE代表 木村優氏) 参考:dydxデザイン:一本寿和images:iStocks/SiberianArt・artacet Source: https://www.neweconomy.jp/posts/237764

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *