海運コンソーシアムGSBN、ブロックチェーンプラットフォームを正式稼働

The post 海運コンソーシアムGSBN、ブロックチェーンプラットフォームを正式稼働 appeared on BitcoinEthereumNews.com.

GSBN、ブロックチェーンプラットフォーム稼働開始 香港に本社を置く海運コンソーシアムのグローバル・シッピング・ビジネス・ネットワーク(GSBN)が、ブロックチェーンプラットフォームの正式稼働開始を9月9日発表した。 GSBNは大手海運企業8社が参画する通運企業向け非営利コンソーシアムだ。GSBN参画企業で世界中のコンテナの1/3を扱っており、今回稼働開始したプラットフォームが、それらの流通管理を行うことになる。 GSBNはロジスティクス業界が、まだ非効率的な手動プロセスが一般的であり課題が多く存在していると指摘している。その課題を解決するため、GSBNのブロックチェーン対応オペレーティングシステムと、そのプロダクトであるCargoReleaseを活用してサプライチェーン全体の業務を合理化していくとのことだ。 具体的には貨物の運搬プロセスが文書化されリリースできるようになるまでの時間が、数日から数時間に短縮されるとのこと。 また信用状(LC)などの紙ベースの貿易金融プロセスをデジタル化し、貿易金融へのアクセスや出荷プロセスを支える文書の管理から港からの商品のリリースまで、世界中の商品の取引に関連するワークフロー全体をサポートできるようになるとのことだ。 参考:GSBNデザイン:一本寿和images:iStocks/RRice1981・Igor-Korchak Source: https://www.neweconomy.jp/posts/150094

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *