DEX「ユニスワップV3」が「BNB Chain」対応へ、コミュニティ約80%が賛成票

The post DEX「ユニスワップV3」が「BNB Chain」対応へ、コミュニティ約80%が賛成票 appeared on BitcoinEthereumNews.com.

Uniswap V3がBNB Chain対応へ 分散型取引所(DEX)「ユニスワップV3(Uniswap V3)」コミュニティの約80%が、バイナンス独自ブロックチェーン「BNB Chain」への対応に賛成したことが分かった。「BNB Chain」への対応提案をしたゼロエックスプラズマラボ(0xPlasma Labs)が1月23日発表した。 ゼロエックスプラズマラボは、オールインワン分散型金融(DeFi)プラットフォーム「プラズマファイナンス(PlasmaFinance)」を提供しており、今回ユニスワップコミュニティに代わり「ユニスワップV3」を「BNB Chain」へデプロイする役割が許可されている。 なお「BNB Chain」へ「ユニスワップV3」が対応するメリットとして、開発サポートや機能性向上、バイナンスエコシステム上の他プロジェクトとのコラボレーションなどの可能性があることが挙げられている。 「BNB Chain」への対応提案は、ユニスワップのネイティブトークン「UNI」保有者に対して行われ、現状の対応方針を変更する意志があるか判断する「温度チェック(Temperature Check)」にて投票を行った。 結果は賛成票が約2,000万、投票者数が6,495人となった為、ゼロエックスプラズマラボは最終のガバナンス提案に進む意向とのこと。なお今回の投票数はユニスワップガバナンスにおいて過去最大を記録したとのことだ。 なお現在「ユニスワップV3」は、イーサリアム(Ethereum)、ポリゴン(Polygon)、アービトラム(Arbitrum)、オプティミズム(Optimism)、セロ(Celo)といった5つのブロックチェーンに対応している。 関連ニュース DEX「ユニスワップ」に脆弱性、早急な修正により被害ゼロ ユニスワップにNFTアグリゲーター機能、GenieユーザーにUSDCエアドロップも ユニスワップ(UNI)がユーザーのオンチェーンデータ取得開始、UX向上目的に ユニスワップラボ、Polychainやa16zらから約243億円調達 分散型取引所ユニスワップV3、ポリゴンで正式稼働 参考:0xPlasma Labsimages:iStocks/artacet Source: https://www.neweconomy.jp/posts/290672

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *