GenesisやCoindeskの親会社DCGの創業者、バリー・シルバート氏は何者か? | あたらしい経済

The post GenesisやCoindeskの親会社DCGの創業者、バリー・シルバート氏は何者か? | あたらしい経済 appeared on BitcoinEthereumNews.com.

DCGの創業者、バリー・シルバート氏は何者か?
バリー・シルバート(Barry Silbert)氏は投資銀行家として、有名な企業のいくつもの倒産に携わった人物だ。現在はベンチャーキャピタル企業デジタルカレンシーグループ(Digital Currency Group)の創業者として、問題を抱えた暗号資産(仮想通貨)レンディング企業ジェネシス(Genesis)の親会社で、彼の原点となる倒産問題に関わっている。
シルバート氏はカリフォルニアの投資銀行フーリハン・ローキー(Houlihan Lokey)で、エンロン(Enron)やワールドコム(Worldcom)などの破綻処理に携わったという。同氏は、2011年の米上院銀行委員会で「複雑で問題の多いリストラクチャリングに取り組んだ経験は、非常に貴重なものだった」と語っている。
世界最大の暗号資産レンディング起業の一つであるジェネシス・グローバル・キャピタルは、1月20日に債権者から少なくとも34億ドルの負債を負った状態で、米国破産法を申請した。
これは暗号資産業界の主要企業の一連の倒産の最新事例となる。同社の破産手続きは今年の5月19日までに終了することを計画している。破産の申請は1月20日に行われた。
ヘッジファンドや資産運用会社などの金融機関に対して暗号資産仲介業務を行うジェネシスは、大手暗号資産取引所FTXの破綻を受けて「極端な市場の混乱と業界の信頼喪失」を理由に、昨年11月に融資部門の顧客出金を凍結していた。
ジェネシスにとって最大の顧客は、昨年7月に破産したシンガポールのヘッジファンド、スリー・アローズ・キャピタル(アルファベット表記)と、同じく破産手続き中のFTX創業者SBFのヘッジファンドであるアラメダ・リサーチ(アルファベット表記)だったと今月ロイターが報じている。
ジェネシスのトラブルは、シルバート氏とDCGがいつかウォーレン・バフェット(Warrent Buffett)氏のバークシャー・ハサウェイ(Berkshire Hathaway)のような金融コングロマリット企業になるという、2017年のインタビューでロイターに語った彼の野望にとって打撃となった。
DCGはコメントの要請にすぐには応じなかった。
アーリーアダプター
米国メリーランド州で育ったシルバート氏は、ビットコインのアーリーアダプターだった。
彼は2017年のインタビューでロイターに対し、ビットコインがニッチなインターネットブログ以外にはほとんど知られていなかった当時、1BTC=11ドルを支払って2012年に約17万5000ドル相当のBTCを購入したと語っている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *