NFTドメインのアンストッパブル、88億円調達しユニコーンに

The post NFTドメインのアンストッパブル、88億円調達しユニコーンに appeared on BitcoinEthereumNews.com.

アンストッパブルドメインズが88億円調達 NFTを利用したweb3ドメインサービスを展開する米アンストッパブルドメインズ(Unstoppable Domains)が、シリーズAの資金調達ラウンドにて約88億円(6500万ドル)を調達したことを7月27日発表した。 アンストッパブルドメインズは2018年に創業された企業。NFTとドメイン名を紐づけることによって、ウォレットアドレスなどのような煩雑なアドレスを単純な文字列に置き換え、ユーザーの管理負担を軽減することを目指している。現在250万件以上のドメインを発行しており、同社のドメインは150以上のweb3アプリケーションおよび80以上のウォレットや取引所で利用可能とのことだ。ドメイン販売により同社はこれまでに115億円(8500万ドル)以上の売上を記録しているとのことだ。 今回の資金調達はパンテラキャピタル(Pantera Capital)が主導し、ポリゴン(Polygon)、コインゲッコ―(CoinGecko)、アルケミーベンチャーズ(Alchemy Ventures)など17社が参加したとのことだ。今回の資金調達でアンストッパブルドメインズの評価額は10億ドルを突破したとのことで、これにより同社はユニコーン企業の仲間入りを果たした。 アンストッパブルドメインズは今回調達した資金を活用し、プロダクトのイノベーションの促進、Web3分野でのパートナーシップの拡大を図り、デジタルIDのプラットフォームの構築を進めるとのことだ。 アンストッパブルドメインズCEOマシュー・グード(Matthew Gould)氏は以下のようにコメントしている。 「あまりにも長い間、企業が人々のデジタルアイデンティティを支配してきましたが、アンストッパブルドメインズはその力を人々の手に戻しています。私たちはユーザーが所有し、携帯可能なアイデンティティを解放するNFTドメインを通じて、何十億もの人々をweb3に誘うというビジョンを共有するパンテラやその他の投資家と提携できることを嬉しく思います」 なお7月27日よりGMOインターネットはアンストッパブルドメインズと協業し、国内に新会社「CryptoName(クリプトネーム) byGMO」を設立した。GMOでは、アンストッパブルドメインズのNFTドメイン登録サービスから提供開始しており、今年9月ごろにNFTドメイン登録代行・商標対応、2023年以降にNFTドメインの自社販売を開始するとしている。 関連ニュース GMOがNFTドメインサービス開始、Unstoppable Domainsと協業で 保険証書NFT、IMAフィナンシャルが発行 ドル未満の個人取引を対象に、暗号資産の非課税化法案が米上院に提出 三井住友海上が「NFTアート専用保険」提供開始、「HARTi」出品作品対象に NFTパスポート「Quadrata」、イーサリアムでメインネットローンチ 参考:Unstoppable Domainsデザイン:一本寿和images:iStocks/denizbayram Source: https://www.neweconomy.jp/posts/248010

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *