Twitch共同創業者設立web3企業メタセオリー、a16zらから約31億円資金

The post Twitch共同創業者設立web3企業メタセオリー、a16zらから約31億円資金 appeared on BitcoinEthereumNews.com.

メタセオリーがシリーズAで約31億円資金を調達 web3ゲーム開発のメタセオリー(Metatheory)が、a16z主導のシリーズAラウンドで2400万ドル(約31億円)を調達したことが5月16日分かった。 サンフランシスコを拠点のメタセオリーは、ゲーム動画配信用プラットフォームTwitch(ツイッチ)の共同創業者ケビン・リン(Kevin Lin)氏によって、昨年2021年の第3四半期に新たに設立された企業だ。ブロックチェーンを活用しweb3ゲームとメタバースの構築を主に行っている。 なおメタセオリー初のゲームシリーズ「DuskBreakers(ダスクブレイカース)」は昨年12月にリリースされている。同シリーズのゲームユーザーにNFTを販売するプロジェクト「Play-to-Mint」を実施したところ、わずか6日間で10,000点のNFTが売り切れたという。 また今年1月には「DuskBreakers」の第2弾「BeastBattler(ビーストバトラ)」もリリースしている。 発表によると今回の資金調達ラウンドは、アンドリーセン・ホロウィッツ(Andreessen Horowitz:a16z)が主導。その他の投資家としてパンテラキャピタル(Pantera Capital)、FTXベンチャーズ(FTX Ventures)、ブレイヤー・キャピタル(Breyer Capital)、メリッチサークル(Merit Circle)、リチャージテーマベンチャーズ(Recharge Theme Ventures)、ドラゴンフライキャピタルパートナーズ(Dragonfly Capital Partners)、ダイダロス(Daedalus)、スフェルミオン(Sfermion)、グローバルコインリサーチ(Global Coin Research)らが出資参加している。 メタセオリーはリリースしているゲームのNFT追加ドロップの他、新たなゲームおよびコンテンツを引き続きリリースする予定とのことで、今年の第4半期には「遊んで稼ぐ(Play-and-Earn)」の仕組みを持つ無料のゲームをローンチする予定とのことだ。 なお今回調達した資金の使途については上記ゲームローンチなどに利用されると思われるが、発表では詳細は明かされていない。 メタセオリーの創設者兼CEOケビン・リン氏は「没入型のデジタル体験を構築することは、常に私の情熱でした。Twitchから離れ、この業界で次に何が起こるかを探求した結果、ブロックチェーンがさらなる可能性への扉を開き、ゲーム、ストーリーテリング、コミュニティ構築の分野に大きな影響を与えるだろうと、私は心から信じています」とリリースにて述べている。 関連ニュース DeFi Alliance、Web3支援のため「Alliance DAO」設立へ チェイナリシスが約220億円調達、評価額約1.1兆円に web3セキュリティー「CertiK」が約77億円調達、ソフトバンクとタイガーグローバルから マイクロストラテジーがビットコイン担保に約250億円調達、シルバーゲート銀行ローン利用で web1、2から「web3」へ(古川健介/堀江裕介/石濵嵩博)CryptoAge Meetup…

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *